無料ゲームがたくさんありますよ↓





2010年06月15日

Googleの次世代検索エンジン「Caffeine」

Googleの次世代検索エンジン「Caffeine」
 
 
 
 Caffeineは従来の検索インデックスとは異なる構造を採用、これまでよりも早く検索インデックスを更新できるそうです。
 
 米Googleは、次世代検索エンジン「Caffeine」を全世界で導入。これまでよりも検索インデックスの更新が早くなります。
 
 
 Caffeineは従来の検索インデックスとは異なる構造のため更新が早く、検索結果が「従来より50%新しい」とGoogleは述べています。
 
 従来の検索インデックスは複数のレイヤーで構成、メインのレイヤーは数週間おきに更新していたそうです。
 
 レイヤーを更新するためには、Web全体の解析しなければならないため、Webページが検索インデックスに反映されるまでに時間がかかっていました。
 
 
 CaffeineではWebを小さな部分に分けて解析、検索インデックスを絶えずアップデートしているため、新しいWebページや、既存のページの新しい情報を発見したときにそのままインデックスに追加できるといいます。
 
 
 Caffeineは処理能力も拡大、1秒間に数十万ページを並行して処理できるそうです。
 
 同技術は約1億Gバイトのストレージを占有、1日に数十万Gバイトのペースで新情報を追加。
 
 
 GoogleはCaffeineを開発した理由について、Web上に動画や画像、リアルタイム更新が増え、通常のWebページの複雑化、リッチ化が進んだこと、最新コンテンツを検索できるようにしてほしいというユーザーからの要望があったことを挙げています。
 
 
 
≪関連記事≫
 
「フロントミッション エボルヴ」発売日が決定
オンライン戦国SLG「戦国IXA」スクウェア・エニックスとヤフーが発表
Googleがウェブのアプリケーションストアを開設
posted by ミドリはる at 12:39| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。