無料ゲームがたくさんありますよ↓





2011年05月13日

高速コピーをしたいなら「FastCopy」

高速コピーをしたいなら「FastCopy」
 
 
 
 Windows 98・Me・NT・2000・XP・2003・Vista・2008・Win7
 
 http://www.ipmsg.org/tools/fastcopy.htmlhttp://www.ipmsg.org/tools/fastcopy.html
 
 
 画像や動画などサイズの大きいファイルや、大量のファイルを一度にコピーしようとすると時間がかかってしまいますね。
 
 そんな時は、無料で高速にファイルコピーを行えるソフトがありますよ。
 
 
 ○ 「FastCopy」で高速コピーが可能になります
 
 「FastCopy」とは、利用すれば可能な限り大きな単位でファイルを読み込み、書き込みするため、高速なコピーが可能になります。
 
 読み込み、書き込み時に使用するバッファサイズを指定することも可能。
 
 OSのキャッシュを全く使わないんですよ。
 
 
 ○ 「FastCopy」をインストール
 
 FastCopyのサイトにアクセス、「実行ファイル」をクリック。
 
 ダウンロードしたzipファイルを解凍、setup.exeをダブルクリックで、インストールが開始。
 
 
 ○ 「FastCopy」を実行
 
 まずFastCopyを起動させます。
 
 
 [Source]にコピー元のファイルやフォルダー、[DestDir]にコピー先のディレクトリを指定。
 
 それぞれのボタンをクリック、[フォルダの参照]ダイアログボックスからフォルダーを選択するか、ドラッグ&ドロップで直接入力欄にフォルダーを設定。
 
 [Source]には複数のフォルダーを指定可能。この場合、それぞれのフォルダーを「;」で区切って入力。ドラッグ&ドロップを利用する際には、[Ctrl]キーを押しながら実行すると自動的に複数指定となります。
 
 
 [Source][DestDir]が設定できたら、次に動作モードを設定。
 
 ファイルをコピーするだけでなく、ファイルを移動したり、削除することもできます。
 
 コピー元とコピー先を比較して同期することも可能。
 
 コピー元の内容をそのまま上書する[コピー(全上書き)]以外、同じ名前のファイルがあった場合はコピーしない[差分(上書きなし)]、サイズか日付が違う場合のみコピーする[差分(サイズ・日付)]、日付が新しい場合のみコピーする[差分(最新日付)]といった3つの方法を選択可能です。
 
 デフォルトは[差分(サイズ・日付)]。
 
 
 コピー元とコピー先の指定、動作モードの選択終了後、[実行]をクリックするとコピーが開始。
 
 [Ctrl]キーを押しながらクリックすると、コピー元、コピー先を確認するウィンドウを表示できます。
 
 
 

無料ゲームがたくさんありますよ↓



posted by ミドリはる at 21:17| ├ 高速コピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。